映画

映画「娼年(しょうねん)」フル動画を配信・無料視聴できるサイトはある?※ネタバレ(あらすじ)注意※

娼年
正直・・映画「娼年」の内容を知らなくても、この文字だけで、「え、何なの?この映画、ちょっと気になる」と、思ってる人は少なくないはず!

2018年春に話題となった映画ですが、この「娼年」を劇場ではもう見られないとなると、動画配信サービスで視聴できないかと考えている方もいると思います。

こちらでは、そんな「娼年」の概要や、この映画がどの動画配信サービスで配信されているのかなど、気になる情報をくまなくお伝えしていきたいと思います。

「娼年」ってどう読むの?その意味は?

娼年とは
「少年」ではなく、「娼年」という映画のタイトルですが、これは何と読むのでしょうか、そして、その意味はどういうものなのか、ご紹介したいと思います。

上記でやや触れているのでわかるかと思いますが、「娼年」は「しょうねん」と読みます。
この「娼」の字は、ご存知の通り、「娼婦」の「娼」ですから、まさにその通りの意味ということとなります。
ただし、この映画では娼婦が主役ではなく「娼夫」つまり、体を売る男性がメインとなっており、「少年」と「娼年」をかけているのです。

益々この映画の中身が気になってしまうわね。

この作品が映画化される前には、同じキャストで舞台もやっており、その際に好評を博したため、今回の映画化につながっています。

それでは、次項から娼年の概要などについて触れていきたいと思います。

娼年の概要をチェックしておこう!

娼年の概要
それでは、映画「娼年」がどんな概要になっているのかを見ていきましょう。
今、30代や40代世代の方には「池袋ウエストゲートパーク」と言ったら、今まで見たドラマの中でもBEST10の面白さだと思っている方は少なくないのではないでしょうか。

そんな「池袋ウエストゲートパーク」シリーズを小説として出したのは、有名作家の石田衣良さんです。
その石田衣良さんによって書かれた本が、ここでご紹介している「娼年」なのです。

しかも、小説・娼年は、石田衣良さんにとって初めての恋愛小説あり、長編者ということで、ファンにとってはかなり意外な作品ともなったはずです。

そんな作品は、第126回直木賞にノミネートされた作品ともなっています。
また、小説では、この娼年の後に、「逝年」と「爽年」という続編があります。

では、娼年の概要ですが、行きずりの女性などと遊んでいても女性に対して、セックスに対しても楽しみを見いだせない東京の片隅に住む主人公の大学生、リョウはある日、女性向けの会員制ボーイズクラブのオーナーである御堂静香に誘われ、娼夫の仕事を始めることになります。

人それぞれ様々な理由で男性を買う女たちと接していくリョウの20歳のひと夏、そして、1人の男性として成長していく過程が描かれたものが、この作品です。

ちなみに、映画「娼年」の予告編も、かなりきわどいものとなっていますので、動画をこれから楽しもうという方は、こちらもぜひチェックして、さらに娼年に対する思いをヒートアップするのに利用してくださいね。

31日間無料

U-NEXTで娼年を見る!

簡単登録で見終わったら解約もOK

娼年のキャスト・スタッフをご紹介!※ネタバレ注意※

気になる娼年を演じたのは誰か、そして、それを支える他のキャストはどんな方がやっているのか見ていきましょう。

途中からネタバレのような内容も出るから注意してね!
森中領(リョウ)役(松坂桃李)

森中領(リョウ)役(松坂桃李)
本編主人公のリョウを演じるのは、ドラマなどでも引っ張りだこの松坂桃李さんで、口コミからもわかるように、その演技力がかなり称賛を読んでいます。
映画の中では大学にもろくに行かず、なんとなくバイトをして適当な日々を送っている中で静香と出会い、「娼年」としてひと夏を送り、大人の男性へと成長していきます。

御堂静香役(真飛聖)

御堂静香役(真飛聖)
リョウの幼馴染である進也が、リョウのバイト先に連れてきた女性で、会員制ボーイズクラブのオーナーです。
リョウのバイトが終わった後、その足で一緒にボーイズクラブへ行き、その場でリョウと咲良をセックスさせ、リョウのセックスは自分本位なやり方だと評しますが、入店試験を合格させ、リョウをボーイズクラブの娼夫として雇います。

次からは、リョウを買った「客」達と、それぞれどんな行為を行ったのかについてご紹介!

娼年の中で最もメインとなる場面が、リョウと「買った客」との行為ですので、その行為についてここでは書いていきますから、ネタバレとなります。
ただ、知っておくと、どんなタイプの客なのかとか、どんな行為が待っているのかなどがわかるので、知っておいても損はないはずですよ。

咲良役(冨手麻妙)

咲良役(冨手麻妙)
目的がわからないままリョウと行為に及び、音を立てたディープキスから始まり、服を脱がされた後は、リョウの激しい手での行為に咲良は声をあげてしまいます。
対したコミュニケーションもなく、一方的に進めるリョウは避妊することもなかったので、咲良から途中ゴムを着けられ、お互い喘ぎながら終わりました。

ヒロミ役(大谷麻衣)

ヒロミ役(大谷麻衣)
リョウと会ったのは渋谷で、部屋に入る前から衝動を抑えられず、キスをしながら入室します。
息を荒げつつ服を脱がせ、立ったままお互いの全身を舐め合い、口での行為にリョウは耐えられなくて声を漏らしてしまいます。
一方、ヒロミも手での行為に床へと倒れこみ、挿入を請い、ベッドに入ることなく、何度も激しい行為をして終わります。

イツキ役(馬淵英里何)

イツキ役(馬淵英里何)
表参道で会った彼女は、知性のある人にトイレ姿を見てほしいというちょっと変態思考の女性です。
行きずりで知り合った人に見てもらっても満たされなくなり、徐々に「知性のある人に見られたい」という気持ちになりました。
リョウに隠れて利尿剤を飲み、自宅のマットレスで手を繋いでもらいながら放尿しました。

泉川紀子役(佐々木心音)

泉川紀子役(佐々木心音)
あることが理由で夫は紀子を抱くことができない上に、妻が犯されている姿に興奮するという性癖をもっていて、紀子はそれに従っています。
いくつかの固定カメラと、夫がハンディカメラを持って煽るように行為はスタートします。
服が破かれ、卑猥な言葉を浴びせられる紀子を見て前のめりになる夫と、3人での行為で終わりを迎えます。

泉川氏役(西岡徳馬)
泉川氏役(西岡徳馬)

紀子の歳の離れた夫で、足が悪く車椅子で生活しています。
妻が犯されている姿に興奮するというおかしな性癖を持っています。

主婦役(荻野友里)

主婦役(荻野友里)
出産後、夫に「家族とそんなことできるか」といわれてしまい、セックスレスとなりました。
リョウは頭をなでながら話を聞き、比較的ノーマルなプレイで行為を終えた後にも頭を優しくなでてあげます。

平戸東役(猪塚健太)

平戸東役(猪塚健太)
彼はリョウと同じ店で働く娼夫で、シャツを脱ぐと、体中に傷がたくさんあることに気づきます。
そういうタイプの客ばかりで、ドM気質のアズマをしっかり受け止め、アズマの奉仕に戸惑いつつもリョウは絶頂を迎えます。
お返ししたいという言うと、リョウに自分の指を折らせ、アズマも絶頂を迎えて終わりました。

老女役(江波杏子)

老女役(江波杏子)
70歳の誕生日にリョウを買った理由が、話をしてほしいということ。
リョウが真剣に友人とケンカをしたという話の最中に、1人でイッてしまいました。
また、この作品が江波杏子さんの遺作となりました。

白崎恵役(桜井ユキ)

白崎恵役(桜井ユキ)
昔から領に片思いをしていた友人ですが、リョウは「恵とは寝ない」と宣言します。
そんなリョウを恵は買い、下着を外されて恥ずかしがる恵の体の一部を吸ったり、足を舐めたり、手での行為にリョウは何度も恵みを悶えさせ、恵は絶頂を迎えます。
様々な体位で行為に及び、終わった後には軽蔑していたリョウの仕事を別の世界のものだと理解することに。

スタッフ

監督:三浦大輔
原作:石田衣良
脚本:三浦大輔
製作:小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起
企画・プロデュース:小西啓介
エグゼクティブプロデューサー:金井隆治、津嶋敬介
プロデューサー:永田芳弘、山野邊雅祥、藤原努、石田麻衣
アソシエイトプロデューサー:槙哲也
撮影:Jam Eh I
照明:岸本秀一
録音:加藤大和
美術:愛甲悦子
装飾:近藤美緒
スタイリスト:小林身和子、岡田梢
ヘアメイク:酒井夢月
編集:堀善介
音楽:半野喜弘、RADIQ septet
助監督:小南敏也
制作担当:大西裕
キャスティングディレクター:杉野剛

娼年の口コミはどうなっているの?

これから初めて娼年を見るという方は、この映画を観た方たちの口コミもチェックしておくと、もっと細かい部分を楽しめると思いますので、ここではピックアップしたいくつかの口コミをご覧ください。

娼年を観て、「これに対して松坂桃李ファンは…」なんてご親切に心配してくれるメディアがたまにありますが、逆に、この映画を観てから更に松坂桃李に惚れ込んだ人の方が多いと思います。ていうか、良い意味で、この作品は私の中で過去になっています。つまり、それだけ松坂桃李は役のイメージを次に残さない天才的な役者なのだと思います。
この映画は、本当に良い映画だったと思いますし、本気で松坂桃李のことを尊敬しています。 テーマも良いし、脚本も演出も役者も、どれ1つ文句のつけ処がありません。R18ということが理由でこの映画を敬遠してるという人は、そんなことを気にせず是非見て欲しい映画です。でも、確かに本編の約半分は濡れ場なので、DVDを買って家で見る勇気は私もまだありませんが、映画は劇場には2回見に行くほど良かったです。
松坂桃李さん主演娼年を観ました。これは石田衣良さんの小説ということもなって気になっていましたが、ただ単にエロい作品だと思いきや、めちゃくちゃ良い作品で、小説が直木賞にノミネートされたのもわかりました。完全に女性向けの映画だなとは思いますが、こんな男の子が娼夫だったら買ってしまうと、良い意味で感じました。松坂桃李さんは、前から好きな俳優さんですが、益々彼に惚れました。
松坂桃李さんのファンではないのですが、まさかの元宝塚のまとぶんが出演していたことで期待して観てみることにしました。
人の数だけ性があるといった感じで、別にどんなに変わった嗜好も間違いじゃないのだなと思いましたし、人間だって動物だから、性行為は種の発展の根源なので、決して汚いとかいやらしい映画ではありません。とにかく面白かったです。それに、そんな映画じゃないと思っていたら泣いてしまいました。本当に観て良かったです。
Twitterでの感想・評判は?

娼年のフル映画を動画配信サービスでお得に見られるのはどこ?

劇場公開が終了した現在はVODサービスで視聴することができます。では、どのVODサービスで配信されているのでしょうか。
U-NEXT、Netflix、hulu、Amazonプライム、TSUTAYA TV、dTV、FODプレミアム、Paravi、ビデオパス、ビデオマーケットの10社の各VODサービスで調べてみたところ、以下のようになりました。

サービス名 配信状況 R指定 無料期間
U-NEXT 見放題 R18 31日
Netflix 見放題 R18 30日
hulu 配信なし 14日
Amazonプライム 見放題 R18 30日
TSUTAYATV レンタル R18 30日
dTV 見放題 R15 31日
FODプレミアム 見放題 R15 1ヶ月
Paravi 見放題 R18 30日
ビデオパス 見放題 R15 30日
ビデオマーケット レンタル R18 初月

hulu以外の全てのVODサービスで「娼年」が配信されていました。また、TSUTAYA TV・ビデオマーケットではレンタル作品でしたが、その他の7社では見放題作品に含まれていました。またR15版とR18版の違いもありました。

娼年を見るならU-NEXTがおすすめ!

VODサービスの中でも娼年を見るならU-NEXTが一番おすすめです。U-NEXTなら「娼年」が見放題作品に含まれている上に、配信されているのはR18版になっています。R15版はR18版に比べて表現が抑えられているので、作品の本当の魅力を堪能するならR18版の方が良いです。

U-NEXTなら初回利用31日間(最長)無料で見れるから、初めてU-NEXTを利用される方なら無料で「娼年」を見れるわ!

U-NEXTはこちら → https://video.unext.jp/

デイリーモーションやパンドラに「娼年」はあるの?【徹底調査】

無料で見れると言われているデイリーモーションとパンドラですが、そこで映画「娼年」は視聴できるのでしょうか?

海外のサイトですので、ウィルス感染や情報漏洩等のリスクもありますので、私のほうでリアル調査してみました。

デイリーモーションで検索

娼年デイリーモーション
ヒットしませんでした。
あるのは、娼年に関するプロモーション動画くらいです。

続いて、パンドラ・・

パンドラで検索

娼年パンドラ
こちらもヒットしませんでした。デイリーモーションと同じようにプロモーション動画がヒットしています。

ちなみにyoutubeは?

娼年youtube
YouTubeにもありませんでした。こちらは規制も厳しい印象なので、ないとは思いますが念の為検証してみました。
配給・宣伝会社の公式チャンネルから予告があるのみでした。

調査結果

無料動画サイトデイリーモーションやパンドラでは映画「娼年」は見れない!!

デイリーモーションやパンドラの危険性について

著作権者に許可をとっていない無料動画視聴サイトで映画をフル視聴した場合、視聴しただけなら違法にはなりません。ただし、ダウンロードしてからパソコン等に保存して視聴した場合は違法になります。
じゃあ、視聴する場合はダウンロードせずに視聴だけにしとけば大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、元々有料の物を無断で無料視聴しているので、違法ではないとはいえ良い行為ではありません。

また、今は視聴だけなら違法ではないけれど、その内、違法行為になっている可能性は十分にあり、法律が変わっていることに気づかず視聴してしまい逮捕されてしまう可能性があります。

著作権者に許可をとっていない無料動画視聴サイトで映画をフル視聴した場合、ウイルスに感染する可能性があり、パソコン等が起動できなくったり、パソコン等に入っているデータが流出する可能性があります。
このように、著作権者に許可をとっていない無料動画視聴サイトで映画をフル視聴した場合、色々な危険性があるので、絶対にやめた方がいいです。

娼年のフル映画をレンタルで見られるのはどのサービス?

娼年のフル映画をレンタルで見られる動画配信サービスについてまずはご紹介したいと思います。

それが、TSUTAYA TVです。
もちろん、DVDであれば実店舗であるTSUTAYAでも借りられますので、娼年だけを見たいというのであれば、TSUTAYA TVに加入するよりは実店舗でDVDを借りた方が安いといえます。

娼年を動画で見るならU-NEXTがお得!

U-NEXTがお得
劇場で娼年を観たかったけど恥ずかしくて行けなかった、そんな方は既に動画配信されているので、自宅で恥ずかしさを捨てて娼年を観ましょう。
その際におすすめなのは、見放題プランの中に娼年が含まれているU-NEXTです。
早速チェックして、あなたに合った動画配信サービスに登録し、気になる映画「娼年」をチェックしてください。

お得な映画見放題は「U-NEXT」
U-NEXT

配信数16万本以上はVODトップクラス!!31日間無料!いつでも解約できます。
最新映画 / 名作映画 / 大ヒット映画 / 話題映画 / 映画公開関連なんでも揃ってるのはU-NEXTだけ!

簡単2ステップ

まずは見てみる ≫

いつでも解約可能
こんな記事も読まれています。