映画

万引き家族を動画配信サービスでフル視聴する方法!キャストやラストのネタバレも!

万引き家族

まだ見たことがない方であっても、「万引き家族」という映画のタイトルは耳にしたことがある方は多いですよね。
あのカンヌ国際映画祭で最高の賞と言われる賞を受賞したすごい作品でもあり、今は亡き大物女優、樹木希林さんがガンだったことを周りには隠して出演した作品としても話題になりました。

そんな世界にも名をはせた映画、「万引き家族」を映画館で観ることを逃してしまった方のためにも、ここでは万引き家族が視聴できる動画配信サービスやおすすめの動画配信サービスをご紹介していきます!

万引き家族のバックグラウンドがすごい!

万引き家族というタイトルだけ聞くと、「これでよくカンヌが獲れたな」と、思われる方も多いはずです。
しかし、この映画はカンヌを獲るほどのすごい映画となるバックグラウンドがあるので、この映画の概要と共にお伝えしていきたいと思います。
万引き家族映画

監督是枝裕和
脚本是枝裕和
原案是枝裕和
製作石原隆、依田巽、中江康人
音楽細野晴臣
公開日2018年6月8日(日本)他7ヶ国・地域
上映時間120分

まずは、監督の是枝裕和氏ですが、邦画に詳しくない方でも、何度も耳にしたことがある名前ですよね。
福山雅治さん主演の「そして父になる」などでも監督を務めた方で、今や日本映画を世界に知らしめているともいえる存在だといえるでしょう。
2019年の時点で57歳ですから、これからまだまだ世界にその実力を知らしめることになるのは間違いないといえます。
そして、音楽も、あの細野晴臣さんが担当されていることにも注目です!

そんな万引き家族ですが、実はこの映画は、実話をベースとしている映画なのです。
親が亡くなった際に、死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族によって起こった事件が元となっており、構想に10年近くを費やしたという「大作」なのです。
ちなみに、日本国内で公開する際には、PG12(12歳未満の視聴が禁止)のレイティング指定がなされていますので、ご注意ください。

また、この万引き家族という映画を日本で有名にしたもう1つの理由があります。
それは、大女優として名高い樹木希林さんが出演されていたことです。
この撮影時には既にご本人は病気だったことを知っており、撮影後、是枝監督に病気のことを告げたと言われています(ただし、この映画は彼女にとっての遺作ではありません)。

それでは、話題性たっぷりの映画「万引き家族」の予告編をここで見ていただきましょう。

万引き家族をYouTubeなどの無料動画サイトで視聴できるの?

万引き家族を既に動画配信サービスなどからダウンロードして、それを無料動画サイトにアップされていることはよくありますよね。
では、今現在、万引き家族にはそういった動画が動画サイトに無料でアップされているのかどうかについて見ていきましょう。

2019年12月現在、YouTubeの場合、万引き家族のフル動画が実はアップされているのです。
また、YouTube以外にもdailymotionやPandoraなどでも、無料で万引き家族が視聴できるかもしれないと、これらのサイトのユーザーは考えたり検索されたりした方もいるでしょう。
たとえ、万引き家族のフル動画がアップされていても視聴自体はその時点で可能かもしれませんが、これは近日中に削除される可能性が高いのです。
たとえこういった媒体に万引き家族のフル動画がアップされていても、視聴することは決しておすすめしません。
その理由は、こういったフル動画は違法動画となるからです。
許可なくフル動画をアップしているので、そういった動画を視聴するというのも間接的な違法行為となります。
動画を視聴する上でもマナーがありますし、モラルに反することはやめましょう。
また、こういった動画にはウイルスに感染する恐れもあり、個人情報が漏洩する可能性も高くなりますので、視聴者側のリスクが大きすぎます(何度も視聴したことがあるのであれば、そのリスクはかなり高まります)。
ですので、絶対にこういった動画配信サイトでの視聴はやめてください。
ちなみに、YouTubeでは有料で映画がレンタル、もしくは購入できることがあるのですが、万引き家族は、今現在レンタルも購入も$5.99となっているので、どうせここで利用するなら「購入」を選んでしまった方が、お得にずっと視聴できるのでおすすめですよ。

万引き家族を動画配信サービスで視聴するならどこがおすすめ?

YouTubeで2019年12月現在、万引き家族の無料動画がアップされていますが、お伝えした通り、そういったものがあっても視聴することはおすすめできません。
そのため、YouTubeを利用せずともお得に、そして、手軽に視聴することはできないかなと考えている方のために、万引き家族を配信している動画配信サービスについてここではチェックしていきたいと思います。

動画配信サービス名月額料金レンタル料金
U-NEXT1,990円550円
Amazonプライム500円500円~
TSUTAYATV933円~500円
music.jp550円~440円
ビデオマーケット980円440円
dTV500円400円~
hulu933円x
楽天TV302円~440円~
FODプレミアム888円500円

※上記は2019年12月現在の配信状況となっていますので、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
※Amazonプライムビデオに関しては別途年会費として4,900円(税込)がかかります。
※レンタル料金はいずれも税別となっています。

映画「万引き家族」は、2018年の作品ですから、比較的新しい作品だといえますが、
この中から万引き家族を視聴する際に断然おすすめのサービスがU-NEXTです。

というのも、新規登録であれば、U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間がついてきて、さらには600ポイントもプレゼントされるからです。
他の動画配信サービスにも無料トライアル期間やポイントがついてくるものもありますが、ポイントはもちろんのこと、無料トライアル期間も長いU-NEXTは断然おすすめなのです。
しかも、万引き家族は見放題に含まれていませんから、通常はポイントを利用したり、追加料金を払って視聴するということになります。
しかし、U-NEXTに新規登録された方には、もれなく600ポイントがプレゼントされるため、そのもらった600ポイントも利用して万引き家族が視聴できるのです。

そうすると、万引き家族を視聴しても50ポイント余ってしまいますよね。
ですが、余ったポイントは、何も映画だけではなく、U-NEXTにはマンガや雑誌、小説など、様々なコンテンツがあるので、それに利用することもできるので、お得にその他の有料コンテンツも楽しめるというわけなのです。

もちろん、見放題に含まれているコンテンツは既に会員の方と同じように「無料で」視聴することができますからそれだけでもお得ですし、余ったポイントをそのままにして1ヶ月以内に解約しても損することはありませんよ!

ただし、注意点として、31日間ある無料トライアルは、まだ日数が残っていても、解約手続きをした時点で利用できなくなってしまいます。
そのため、最初からU-NEXTを継続して利用するつもりはないという方は、31日間ギリギリ利用してから解約手続きすることをおすすめ
します(期限は新規登録した際に届くメールに記載されていますのでご確認ください)。

U-NEXTが気になったという方は、早速こちらから新規登録をして万引き家族を視聴してくださいね。

ネタバレ注意!!万引き家族のあらすじはどうなっているの?

「万引き家族」というタイトルから、その中身はなんとなくイメージできるかもしれませんが、ストーリー全体は感動あり、「なるほど!こうだったのか」と、思うものとなっています。
では、気になる万引き家族のあらすじの映画なのかということをここではお伝えしていきたいと思います。
途中からネタバレがありますので、知りたくないという方はパスしてお読みください。

東京・下町在住の柴田治と妻信代は、息子の祥太、信代の妹の亜紀と治の母の初枝と同居していた。
家族は治と信代の給料と初枝の年金、さらには治と祥太が親子で行う万引きで家計は成り立っていた。
しかし、初枝は公に独り暮らしの老人となっており、同居人の存在自体が秘密だった。
5人は社会の底辺で暮らすも、常に笑顔が絶えなかった。

ある日、治は近所の団地の1階の外廊下で、幼い女の子が震えているのを見つけ、それを見かね、連れて帰ることに。
夕食後、「ゆり」と名乗るその少女を家へ送った治と信代は、家の中から子どものことで諍いをする声が聞こえてくる。
結局、「ゆり」は再度柴田家に戻されることに。
体中の傷跡など彼女に児童虐待の疑いがあることを見つけた信代は彼女と隅続けることを決意し、「誘拐ではないか」という亜紀に対して「脅迫も身代金の要求もしていないから誘拐ではなく保護だ」と主張する。
そして、「ゆり」は柴田家の6人目の家族となることに。
そんな中、治は職場で負傷して仕事ができなくなり、期待していた労災は下りなかった。
「ゆり」と住み始めてから2ヶ月が過ぎたが、捜索願が出た形跡はなく、やがてテレビで失踪事件として報じられることとなり、柴田家は彼女の本当の名前が「北条じゅり」だと知る。
一家は発覚を遅らせるべく「ゆり」の髪を切り、「りん」と名前を変え、祥太の妹とすることに…。

それでは、ここからネタばれを含むものなっていますので、知りたくないという方はパスしてくださいね。

傷が回復した治は仕事に戻らず、祥太との万引きを「りん」に手伝わせる。
柴田家のメンバーは、表向き普通の家族として暮らしつつ、亜紀を除く全員が何らかの不正や犯罪に手を染めていたものの、「りん」と柴田家の絆は次第に深まっていった。
初夏には、祥太がいつもの駄菓子屋で「りん」に万引きをさせると、年老いた店主からお菓子をもらい、「妹にはさせるなよ」と言われた。
その頃、信代は職場で自分と同僚のどちらかの退職を迫られ、同僚との話し合いで「行方不明の女児(「りん」のこと)を連れている所を見た」と脅されて退職を余儀なくされる。
一方、初枝は前夫が後妻ともうけた息子夫婦が住む家に行き、前夫の月命日の供養ついでに金銭を受け取っていて、それが年金以外の収入「慰謝料」の正体であることがうかがわれた。
そして、亜紀は実はこの息子夫婦の娘であることが明らかに。
夫婦は亜紀が海外留学中で、初枝と同居している事実は知らないこととしていた。
また亜紀には亜紀の源氏名と同じ「さやか」という名前の妹がいることが明らかに。
その頃、「さやか」として風俗店で勤める亜紀は常連の「4番さん」と密かに心を通わせていた。

夏になり、団欒を満喫する一家の姿を楽しそうに眺める初枝だったが、その言動にはどこかおかしい点が。
病気からくるせん妄を思わせた。
ほどなくして初枝は死去。
治と信代は自宅内に初枝の遺体を埋め、「最初から存在しなかった」ことにして、信代は初枝の年金を不正に引き出す。
自宅内で初枝のへそくりを見つけだして大喜びする治と信代を、祥太は無言で見つめていた。
ちょっとしてから、祥太は「りん」と駄菓子屋に行くが、「忌中」と貼られ、閉店していた。
その次に入ったスーパーマーケットで、「りん」が自ら万引きをしようとした際、祥太は「りん」から注意を逸らすためにわざと目立つようにミカンを万引きして逃走。
店員をかわそうとするも高所から飛び降りた際に足を負傷して入院することに。
すべてを見届けた「りん」は治たちの元に急ぐが、柴田家のメンバーは祥太を捨て置き逃げようとした所を警察に捕まり、家族は解体する。
「りん」は元の親の所へ戻されてしまう。
入院中の祥太も警察官に事情を聴かれ、その際に他の家族が逃げようとしたことを聞く。
取り調べの中、治と信代は過去に殺人歴があり、治は初枝の実子ではなく先述した事情を抱えていた彼を息子同然に迎え入れていたこと、祥太は治や信代に連れてこられたこと、治・信代・祥太らの名前は本名ではないことなどが明らかに(要は「柴田家」は全員が血縁関係にない疑似家族だったのだ)。
信代は一家が抱えた犯罪はすべて自分の犯行として刑に服し、祥太は施設へ、治は一人暮らしに。
かつての自宅を訪れた亜紀は、もぬけの殻となった家をずっと眺めていた。
治が「りん」=「ゆり」=「じゅり」を保護してから約1年後、学校に通うようになった祥太は、優秀な成績をとり、釣りの知識も身に着け、力強く成長していた。
治は信代の依頼で祥太を連れて刑務所に面会に行き、彼女は祥太に、治が松戸市のパチンコ屋の駐車場で車上荒らしをしようとした際、車に置き去りにされてぐったりしていた祥太を助けて連れてきたことを車の情報を交えて伝え、それを手掛かりに「その気になれば本当の両親に会える」と伝える。
その夜、祥太は治の家に泊まり、自分を置いて逃げようとしたことについて聞くと、治はそれを認めて「おじさんに戻る」と答えた。
翌朝、祥太はバス停での別れ際。「自分はわざと捕まった」と治に話す。

バスを追いかける治を車内から見つめる祥太は、治に向かって何かを呟く一方、元の両親の所へ戻された「じゅり」は、再び虐待の被害者になることに。
ある日、治が外廊下で「じゅり」が独り遊びをしていたのをふと何かに気付いたように塀から身を乗り出しつつ見入る「じゅり」もまた、何かを呟こうとしていた。

万引き家族のキャスト!実力派俳優陣がすごい!

万引き家族がカンヌで賞を獲ったのは、何も是枝監督1人の力ではありません。
それを支える俳優陣もラインナップもすごければ、彼らの実力ある演技も素晴らしいのですが、どんな方たちがキャスティングされているのか見ていきましょう。

リリー・フランキー(柴田治役)

柴田治
本編主人公であり、信代と共に東京の下町に暮らす日雇い労働者で、ある日、近所の団地の1階の外廊下で、幼い女の子が震えているのを見つけ、それを見かね、連れて帰ることに。
ご存知、リリー・フランキーさんは、最近では俳優として活動されていることが多いですが、元々はアートの世界で活躍されていた方です。
その話の面白さや独特なセンスで人気を集め、「東京タワー」に出演された時から味のある演技をする「俳優」として、今も様々なジャンルで活躍されています。

安藤サクラ(柴田信代役)

柴田信代
治の年の離れた妻は、クリーニング店工場のパート従業員として、柴田家の生計の一部を立てている。
一家の「まとも」な収入源の1つ。
朝ドラでも主演を務められた安藤サクラさんは、安藤和津さんと奥田英二さんの次女として有名です(長女は安藤桃子さん)。
「ゆとりですがなにか」では、クドカン独特のあのコミカルな演技をやりとげ、この映画ではシリアスな演技も見せつけるなど、その幅広い演技力は「親の七光り」なんて言葉をかき消すものがあります。
そして、この映画で注目していただきたいのは、彼女にとって義父である柄本明さん(柴田家の隣にある駄菓子屋店主役)と共演しているということです。
こちらもぜひご注目くださいね。

松岡茉優(柴田亜紀役)

柴田亜紀
信代の妹で、「さやか」という源氏名を使用してJK見学店に勤めている。
NHKの朝ドラで大ヒットした「あまちゃん」に出演していたことで名が知られるようになった松岡茉優さんは、あまちゃん以降、数々のドラマや映画に出演されています。
「コウノドリ」や「GTO」に大河ドラマ「真田丸」など、話題の作品に名を連ねています。
また、初主演の映画「勝手にふるえてろ」では、東京国際映画祭でコンペティション部門観客賞と東京ジェムストーン賞を、さらには日本映画プロフェッショナル大勝で主演女優賞と作品賞を受賞する実績を残しています。

城桧吏(柴田祥太役)

柴田祥太
治の息子で、学校には通っていない。
治とタッグを組んで万引きを行っている。
愛読書は、昔から国語の教科書に掲載されている「スイミー」。
7人組男子小学生ユニット「スタメンKiDS」のメンバーの1人(確かにジャニーズっぽいかっこいい顔立ちをしていますよね)。
映画やドラマに出演された経歴はあまりないのですが、まだまだこれからの年齢ですし、この作品で十分な演技力と存在感を見せつけたこともあり、これからの活躍が期待できる方です。

佐々木みゆ(ゆり、りん、じゅり役)

ゆり、りん、じゅり
治が団地で見つけ、柴田家に連れて帰ってきた少女で、最初は「ゆり」と名乗る。
本当の両親からはネグレクトなどの児童虐待を受けている。
2019年時点でまだ8歳という佐々木みゆちゃんは、なんと、この映画が初めての出演作品となります(といってもCMやネットムービーには出演されているのですが)。
初の映画作品でこれだけ難しくて大きな役を演じきった彼女も、未来が楽しみですよね。

樹木希林(柴田初枝役)

柴田初枝
年金受給者の治の母。
夫とは既に離婚している。
誰もが知っている大女優、樹木希林さんは、2018年9月に亡くなり、その約半年後に何十年も別居していた内田裕也さんが亡くなったことは大きな話題となりました。
樹木希林さんは、生前も演技で人々を魅了していましたが、亡くなった後は、彼女の「言葉」や彼女の生き方がクローズアップされ、彼女の残した言葉に関する著書に至ってはベストセラーとなっています。

万引き家族をお得に視聴するならU-NEXTがおすすめ! 

万引き家族のフル動画を早速視聴したくなったという方は多いはずです。
その際には、おすすめしたように、U-NEXTを利用しましょう。
U-NEXTは、新規登録するだけで31日間の無料トライアル期間と600ポイントがついてきますし、既に会員の方も、毎月1,200ポイント付与されるので、それを使って「無料」で万引き家族が視聴できるというわけです。
万引き家族以外の作品もかなり充実していますから、この映画を見終わった後も十分に楽しんでいただける動画配信サービスとなっています。
早速、U-NEXTに新規登録して、世界にも認められた作品、万引き家族をチェックしてみてくださいね。

お得な映画見放題は「U-NEXT」
U-NEXT

配信数16万本以上はVODトップクラス!!31日間無料!いつでも解約できます。
最新映画 / 名作映画 / 大ヒット映画 / 話題映画 / 映画公開関連なんでも揃ってるのはU-NEXTだけ!

簡単2ステップ

まずは見てみる ≫

いつでも解約可能
こんな記事も読まれています。