映画

映画ジョーカーのフル動画配信|2019年の話題作を無料で見る方法やレンタル情報まとめ

ジョーカー

2019年最大の話題作といえるのではないでしょうか。

既に「ジョーカー」を映画館で鑑賞された方もいるでしょうし、動画配信を待っているという方もいるでしょう。

こちらでは、アメリカでも期待が高かった映画「ジョーカー」が視聴できる動画配信サービスは既にあるのか?
また、無料動画サイトなどでもチェックすることはできるのかなどについて見ていきましょう。

ジョーカーの概要について

ジョーカーは今までいくつかの映画で出てきているDCコミックスの悪役キャラクターですが、映画「ジョーカー」では、このジョーカー自身にクローズアップしています。
そんな映画の概要についてまずは見ていきましょう。
ジョーカー映画

監督トッド・フィリップス
脚本トッド・フィリップス、スコット・シルバー
製作総指揮マイケル・E・ウスラン、ウォルター・ハマダ、アーロン・L・ギルバート、ジョセフ・ガーナー、リチャード・バラッタ、ブルース・バーマン
製作トッド・フィリップス、ブラッドリー・クーパー、エマ・ティリンガー・コスコフ
音楽ブルース・バーマン
公開日2019年10月4日(日本、アメリカ合衆国)
上映時間122分

ジョーカーの笑っているのだか泣いているのだかわからないメイクは健在です。
今まで多くの俳優がジョーカーを演じてきましたが、ホアキン・フェニックス演じるこのジョーカーも不気味さでは他の俳優陣に負けず劣らずという感じですよね。

そんな映画「ジョーカー」を監督したトッド・フィリップスですが、レディ・ガガとブラッドリー・クーパーの共演と歌のデュエットが話題となった「アリー/スター誕生」の監督もされた方です。
他にも大ヒットしたコメディ映画「ハング・オーバー」シリーズの監督や脚本、製作まで務めた、まさにヒットメーカーともいえる存在です。
また、「アリー/スター誕生」で主演の1人を務めたブラッドリー・クーパーがこの映画の製作を担当していることも注目ですよ。

そして、この映画は公開前から話題になっていましたが、第76回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞(最優秀作品賞のこと)を受賞したことでも知られています。
主役を務めたホアキン・フェニックスですが、監督は彼以外にジョーカーは考えられないと思っており、ホアキン・フェニックス自身も、ジョーカーになりきるためにかなりの役作りをしたということもニュースとなっていました。

それでは、気になるジョーカーの予告編がありますので、こちらからご覧ください。

ネタバレあり!ジョーカーの気になるあらすじは?

バットマンの悪役として登場することでおなじみのジョーカーですが、それが今度は主役になった映画ということであらすじが気になりますよね。
ネタバレもありますので、知りたくない方はパスしてくださいね。

1981年、財政難のため、人心の荒むゴッサムシティ。
コメディアンを目指す大道芸人のアーサー・フレックは、かつて精神病院で隔離されたこともあり、今はカウンセリングを受けていた。
その病状は重度で、常に持ち歩いているネタ帳となった日記に、「この人生以上に硬貨(高価)な死を望む」と書き込んでいた。
同居する母親ペニーはアーサーを「ハッピー」と呼び、以前家政婦をしていたウェイン家の主トーマス・ウェインからの連絡を待っていた。
また、アーサーの唯一の楽しみは、母と観るマレー・フランクリン・ショーで、いつか司会者マレーから後継者に指名されることを妄想している。
しかし、実社会では周囲に溶け込めず、発作的に笑い出す病気を抱えるがため、仕事でも報われなかった。
ある日アーサーは、小人のゲイリーに横暴な同僚ランドルから護身用にと拳銃を借り受けとる。
事務所の社長からは襲撃されたことを信じてもらえず、奪われた看板の料金は給料から差し引くと言われ、怒りを露わにしていた。
隣室の未亡人ソフィーにエレベータで話しかけられ彼女に好意を寄せるアーサーだが、小児病棟での慰問中に誤って銃を落とした上にランドルが裏切ったことでクビにされる。
失意の中、ピエロの格好で地下鉄に乗って帰宅するアーサー。
女性に絡んでいたウェイン産業の証券マンたちに絡まれ発作が発症したアーサーは、彼らから暴行を受けるが、反射的に彼らを拳銃で射殺。
逃走したアーサーは、何とも言えぬ高揚感に満たされ、鏡の前で踊りだし、その勢いでソフィーを訪ね、強引にキスをする。

ここからネタバレを含みますので、知りたくない方はパスしてくださいね。

アーサーの起こした地下鉄殺人事件は、ゴッサム市民から支持され始めるが、市長選に立候補中の富裕層のトーマス・ウェインは、そんな市民を「ピエロ」と呼んで一蹴。
クビになったアーサーは事務所でも同僚にからかわれるが、ゲイリーだけは気遣ってくれ、ランドルは相変わらず横暴だったが、そんなランドルにアーサーは、銃はランドルからもらったと言い放って去る。
ソフィーと仲良くなったアーサーは、バーでコメディアンとして人前に出、発作で笑いだしながらも、ショーをやり遂げる。
一方、ゴッサムの街では、地下鉄殺人犯こそ自警団なのか?という記事が出、ソフィーは殺人犯はゴッサムのヒーローだと言う。
自宅へ戻ったアーサーは、母がトーマス・ウェインへの手紙を読み、自分がトーマスの隠し子だと知る。
真実を確かめにウェイン邸へ赴くが、ペニーは妄想癖が強く、自分がトーマスの息子であることは否定される。
失意の中自宅へ戻ると、ペニーが脳卒中を起こし、救急車で運ばれる所だった。
病室のテレビでマレー・フランクリンの番組が流れ、「ジョーカー」と紹介されたアーサーがバーで行なったショーの映像が流され喜んだものの、憧れのマレーはアーサーを笑いものにしていた。

アーサーは、ひょんなことからウェイン・ホールに侵入し、そこにいたトーマスと対面し、彼を父親だと信じて疑わなかったが、ペニーの話は全て作り話で、アーサー自身がペニーの養子だと言われ、二度とブルースに近づくなと殴られれる。

アーサーは冷蔵庫に引きこもるがその翌朝、マレーの番組への出演依頼が届く。
アーサーは病院へ赴き、ペニーの診断書を無理やり閲覧すると、ペニーが精神障害でアーサーが養子であること、障害はペニーの元恋人の虐待が原因であることなどが示され、アーサーへの虐待を放置して逮捕されたペニーの記事も挟まれていた。
失意のアーサーはソフィーの部屋に入るが、彼を狂人を見るかのように怯える。
そう、今までの彼女との時間は、アーサーの妄想だったのだ。
信じていた母からも裏切られたアーサーは、ペニーを窒息死させる。
マレーの番組出演中に拳銃自殺で最期を飾ろうと、その練習をし、収録当日、裏に「君の笑顔を愛している TWより」と書かれた若き日の母の写真を見つける。
自宅を訪れたランドルとゲイリーだったが、ランドルはまだ横暴で、アーサーはハサミでランドルを突き刺し殺害するが、ゲイリーは逃す。
ピエロのメイクでテレビ局へ向かう途中、意気揚々と踊るアーサーだが、見張っていた刑事たちに追われ地下鉄へ逃げる。
刑事たちは手違いで誤射し、デモをする暴徒に襲撃される。
何とかアーサーは劇場に到着した所にマレーとディレクターが来て、ピエロのメイクにディレクターは懸念するが、アーサーは政治的な意図は無く単なる芸だと答え、マレーを安心させ、「本名ではなく、ジョーカーと紹介してほしい」と頼む。

生放送が始まるが、明らかにマレーはアーサーを笑いものにする。
ネタ帳を持参したアーサーは馬鹿にされつつ、「この人生以上に硬貨(高価)な死を望む」と書いたページに目を止め、過激なジョークを披露するが、マレーから番組に合わないと言われ、突如、証券マンたちを殺したのは自分だと告白。
ヒートアップしたアーサーは、自分のような社会不適合者は、富裕層から奴隷のような存在として蔑まされだけで、トーマス・ウェインも含め世間には不愉快な連中ばかりだと主張するが、マレーは、そんな連中ばかりではないと言う。
しかし、アーサーは、マレー自身も不愉快な富裕層と同じであり、自分を番組に出演させたのは笑いものにするためだと主張。
マレーは番組を中断しようとするが、アーサーはマレーを射殺し、カメラの前でステップを踏む。
そして、マレーの決め台詞「That’s life!(それが人生!)」を言おうとするが番組は中断、駆け付けた警察に取り押さえられ逮捕される。
この生放送でゴッサムシティはデモが暴動化し、街中火の手が上がっていた。
アーサーは護送中のパトカーに救急車がつっこみ、暴徒によって救出される。
一方、トーマス一家も逃げるが、暴徒により妻と射殺され、息子のだけが生き残った。
意識を取り戻したアーサーは暴徒達から歓喜の声を受け、貧困層の救世主かのようにパトカーのボンネットに立ち、彼らを見下ろすのだった。

ジョーカーのキャストをチェック!

シリアスな映画ということもあって、かなりの演技力が求められるジョーカーですが、一体どんな実力派俳優たちが名を連ねているのかチェックしていきましょう。

アーサー・フレック(ジョーカー)役(ホアキン・フェニックス)

アーサー・フレック
精神的な問題や貧困に苦しみながらも、スタンダップコメディアンを目指している道化師。
認知症気味の母親の世話をする心優しい男だったが、辛い境遇から精神のバランスを崩して徐々に狂った行動を取るように。
感情が高ぶると、突然笑いだしてしまう病気を患っており、妄想と現実の区別もつかなくなってきている。
監督が「彼しかいない」という思いから出演をオファーされたのが、ホアキン・フェニックスです。
ご存知、故・リバー・フェニックスの弟ですが、今やそんなことよりも彼の演技力の高さが評価されていますよね。
この映画では、役作りとしてなんと、4ヶ月で23㎏のダイエットをやり遂げました。

マレー・フランクリン役(ロバート・デ・ニーロ)

マレー・フランクリン
アーサーが憧れている人気トーク番組「マレー・フランクリン・ショー」の司会者。
こちらも、言わずと知れたカメレオン俳優、ロバート・デ・ニーロで、「ゴッド・ファーザー」を始めとし、様々な大ヒット作品に主役として、そして、わき役として出演されている大物ハリウッドスターです。

ソフィー・デュモンド役(ザジー・ビーツ)

ソフィー・デュモンド
アーサーが住むアパートの隣室に住むシングルマザーの女性(未亡人)。
ザジー・ビーツは、2013年にデビューしたばかりの女優なので、まだあまり日本人には知られていません。
しかし、アメリカではテレビドラマ「アトランタ」に出演し、徐々に名前を知られるようになってきた、これからが楽しみな若手女優です。

ペニー・フレック役(フランセス・コンロイ)

ペニー・フレック
アーサーの母親であるペニーは、認知症気味で体が不自由。
若き日は、ゴッサム随一の大富豪のウェイン家にメイドとして働いており、今でもウェイン家の主から連絡が来るのを待っている。
なんと、フランセス・コンロイはかつて名門といわれるジュリアード音楽院で演技を学んだ「ホンモノ」。
「めぐり逢うたら」や「キャットウーマン」、「アビエイター」など、コンスタントに話題作に出演する女優です。

ジョーカーを無料動画サイトで見ることはできる?

ジョーカーはとにかく公開前から話題をさらっていた映画ということは、ご存知の通りです。
そんなこともあり、既に無料で動画がアップされているはずだと考える方も多いでしょう。
では、それができるのか見ていきましょう。

2020年1月現在、YouTubeの場合、ジョーカーのフル動画はアップされていません。
また、YouTube以外にもdailymotionやPandoraなどでも、無料でジョーカーが視聴できるかもしれないと、これらのサイトのユーザーは考えたり検索されたりした方もいるでしょう。
たとえジョーカーのフル動画がアップされていても視聴自体はその時点で可能かもしれませんが、これは近日中に削除される可能性が高いのです。
たとえこういった媒体にジョーカーのフル動画がアップされていても、視聴することは決しておすすめしません。
その理由は、こういったフル動画は違法動画
となるからです。
許可なくフル動画をアップしているので、そういった動画を視聴するというのも間接的な違法行為となります。
動画を視聴する上でもマナーがありますし、モラルに反することはやめましょう。
また、こういった動画にはウイルスに感染する恐れもあり、個人情報が漏洩する可能性も高くなりますので、視聴者側のリスクが大きすぎます(何度も視聴したことがあるのであれば、そのリスクはかなり高まります)。
ですので、絶対にこういった動画配信サイトでの視聴はやめてください。
ちなみに、YouTubeでは有料で映画がレンタル、もしくは購入できることがあるのですが、ジョーカーの場合、レンタルが$5.99、購入が$14.99で可能となっています。
しかし、これがハンガリー語になっているため、ハンガリー語を解する方であれば問題ありませんが、多くの方がそうではありませんよね。
そこでおすすめなのが、動画配信サービスを利用するということなのです。
ジョーカーは動画配信サービスで視聴することができ、無料動画のような違法性もありませんから安心です。

次項ではどのサービスでジョーカーが視聴できるかご紹介していきますね。

ジョーカーの動画はどの動画配信サービスで見られるの?

ジョーカーは、YouTubeを利用して有料で視聴することも可能ですが(ハンガリー語になりますが)、実は、動画配信サービスでもお得に視聴することができるので、ジョーカーが視聴できる動画配信サービスをご紹介していきたいと思います。

動画配信サービス名月額料金レンタル・購入料金
U-NEXT1,990円
Amazonプライム500円US$5.99~(英語音声のみ)/購入2,546円(字幕・吹き替え版)
TSUTAYATV933円~200円(字幕・吹き替え版)
music.jp550円~x
ビデオマーケット980円購入2,750円(字幕・吹き替え版)
dTV500円〇(字幕のみ)
hulu933円x
楽天TV302円~購入2,200円~(字幕・吹き替え版)
FODプレミアム888円x

※上記は2020年1月現在の配信状況となっていますので、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

本国アメリカでも2019年の10月に公開になったばかりということで、ジョーカーのフル動画をレンタルしている所はあまりありません。
しかし、U-NEXTとdTVはいち早くこの話題の作品を配信しています。
さて、このどちらが魅力的な動画配信サービスかというと、断然U-NEXTです。
それではU-NEXTの特徴を見ていただきましょう。

U-NEXTの特徴
月額料金1,990円(税別)
収録作品数15万本以上
ポイント毎月1,200ポイント付与(初回600ポイント付与)
無料トライアル期間31日間
視聴可能なもの映画、ドラマ、バラエティ、音楽、マンガなど
ダウンロードの可否可能
1アカウントの登録数1アカウントに対して4つのディバイスで登録が可能

なぜU-NEXTがおすすめなのかというと、新規登録であれば、U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間がついてきて、さらには600ポイントもプレゼントされるからです。
他の動画配信サービスにも無料トライアル期間やポイントがついてくるものもありますが、ポイントはもちろんのこと、無料トライアル期間も長いU-NEXTは断然おすすめなのです。
ジョーカー自体は見放題作品には含まれていないので、これを視聴する際には、お金がかかってしまうと心配になりますよね。
しかし、U-NEXTは、新規登録するだけで600ポイントがもらえますから、それを使って完全無料でジョーカーを視聴することができるのです。
たとポイントが余ってしまったとしても、何も映画(動画)だけではなく、U-NEXTにはマンガや雑誌、小説など、様々なコンテンツがあるので、それに利用することもできるので、お得にその他の有料コンテンツも楽しめるというわけなのです(課金が必要になるかもしれませんが)。

もちろん、見放題に含まれているコンテンツは既に会員の方と同じように視聴することができますからそれだけでもお得ですし、余ったポイントをそのままにして1ヶ月以内に解約しても損することはありませんよ!

ただし、注意点として、31日間ある無料トライアルは、まだ日数が残っていても、解約手続きをした時点で利用できなくなってしまいます。
そのため、最初からU-NEXTを継続して利用するつもりはないという方は、31日間ギリギリ利用してから解約手続きすることをおすすめします(期限は新規登録した際に届くメールに記載されていますのでご確認ください)。

U-NEXTが気になったという方は、早速「U-NEXT」から新規登録をしてグリーンブックを視聴してくださいね。

ジョーカーを視聴するならU-NEXTで決まり!


ジョーカーはまだあまり多くの動画配信サービスで配信されていません。
そこでおすすめなのがU-NEXTです。
新規登録するだけで600ポイントがもらえるので、それを利用してジョーカーをお得に視聴することができるからです。
見放題作品も9万本以上ありますから、無料トライアル期間中だけでも十分に楽しんでいただけますよ。
気になる方は「U-NEXT」からチェックしてくださいね。

お得な映画見放題は「U-NEXT」
U-NEXT

配信数16万本以上はVODトップクラス!!31日間無料!いつでも解約できます。
最新映画 / 名作映画 / 大ヒット映画 / 話題映画 / 映画公開関連なんでも揃ってるのはU-NEXTだけ!

簡単2ステップ

まずは見てみる ≫

いつでも解約可能
こちらも人気☆