映画

映画グリーンブックの動画(字幕・吹替)を配信しているサービスは?【あらすじ/ネタバレ注意】

映画グリーンブックの動画

たとえ注目していなかった作品でも、アカデミー賞を獲った作品ともなれば、やはり見たくなってしまいますよね。
そんなアカデミー賞受賞作品である映画「グリーンブック」は、話題となったことでも記憶に新しいかと思います。

それでは、この映画「グリーンブック」が視聴できる動画配信サービスや映画の詳細についてご紹介していきましょう。

映画「グリーンブック」の概要について触れておこう!

グリーンブックは、話題作が集中した年、第91回アカデミー賞で3部門を受賞した実力派映画です。
では、どんな概要になっているのかをここでは見ていきましょう。

グリーンブック映画
監督ピーター・ファレリー
脚本ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・へリンズ・カリー、ピーター・ファレリー
製作総指揮ジェフ・スコール、ジョナサン・キング、オクタヴィア・スペンサー、クワ三・L・パーカー、ジョン・スロス、スティーブン・ファーネス
製作ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・へリンズ・カリー、ピーター・ファレリー、ジム・パーク、チャールズ・B・ウェスラー
音楽クリス・バワーズ
公開日2019年11月16日(アメリカ合衆国)
上映時間130分

グリーンブックは、2018年に製作されたアメリカの伝記コメディ映画です。
ジャマイカ系アメリカ人のピアニスト・ドン”ドクター”シャーリーと、シャーリーの運転手兼ボディガードを務めたイタリア系アメリカ人の警備員トニー・ヴァレロンガによって1962年に実際に行われたアメリカ最南部を回るコンサートツアーをベースとした作品です。
つまり、実話が元となっています。

監督は、「メリーに首ったけ」や「愛しのローズマリー」などの大ヒットコメディ映画を生みだした監督で、この作品では、トロント国際映画祭にて観客賞を受賞しています。
この映画もコメディ映画の分類となるので、監督の得意分野というわけですね。
そして、注目すべきは脚本家のニック・ヴァレロンガです。
実は、この作品は、彼の父親と黒人ピアニストの実話がベースとなっているのですが、ピアニストの遺族側からは事実と異なることがあるなどと非難を浴びるという出来事もありました。

それでは、映画「グリーンブック」の予告編がありますので、早速ご覧いただきたいと思います。

そもそも「グリーンブック」って何?

この映画のタイトルにもなっているグリーンブックというのは、一般の日本人にはなじみのないモノです。
では、一体これはどういったものなのでしょうか。

ご存知の通り、アメリカでは公然と人種差別が繰り広げられていた時代が長く続きました(現代においても、公然ではありませんが、完全に人種差別がなくなったとは残念ながら言えないことは、あなたもご存知の通りです)。
特に差別を強く受けたのが人種で言えば黒人、性別で言えば女性です。
この時代には、WASP以外の人種は「有色人種」(たとえ白人でもカトリックやユダヤ教の場合も差別される対象となります)として扱われ、バスの席や公共のゴミ箱、レストランの席など、すべてがWASPと差別化されていました。
もちろん、ホテルなども有色人種とWASPは分かれており、ほとんどの宿泊先で黒人の場合は宿泊が断られることが日常茶飯事でした。
ですが、黒人もホテルが必要になることは当然あります。
そこで、「グリーンブック」が大活躍したのです。

グリーンブックの本
グリーンブックとは、1936年から1966年までヴィクター・H・グリーンによって毎年出版されていた黒人が利用できる施設を掲載した旅行ガイドブックのことをいいます。
ここには彼らが宿泊できる場所やレストラン、それに給油所などがどこにあるのかが掲載されています。
ジム・クロウ法の適用が郡や州によって異なる南部では特に重宝されているガイドブックでした。
島国日本では、かつて士農工商という身分差別はありましたが、一応単一民族国家をうたっているので、こういった人種差別が公然と行われていたことはありません。
そのため、あまりピンと来ないかもしれませんが、アメリカは人種のるつぼなので、こういったものが世の中に出回っていたというわけです。
映画「グリーンブック」を見る前に、アメリカのちょっとした歴史背景も、これで学んでいただけたのではないでしょうか。

ネタバレ注意!グリーンブックのあらすじを見てみよう!

「グリーンブック」というタイトルからだと、日本人にとってはどんな作品なのかとてもイメージしづらいかと思います。
そこで、ここではグリーンブックのあらすじをネタバレ付きでご紹介していきたいと思います。
最後まで知りたくないという方は、ネタバレ部分はパスしてくださいね。

1962年のアメリカ。
ジム・クロウ法下にある中、トニー・“リップ”・ヴァレロンガはニューヨーク市のナイトクラブで用心棒をしていた。
ある日、彼が働くナイトクラブ「コパカバーナ」が改装工事で閉鎖される。
新しい職探しの矢先、ディープサウスを回る8週間のコンサートツアーの運転手を探し中野アフリカ系アメリカ人のクラシック系ピアニスト、ドン・シャーリーとの面接を紹介される。
ドンは、トニーの肉体的な強さや、物怖じしない性格が気に入って彼を雇うことに。
トニーは妻子があり、親戚も多いので、クリスマス・イブまでに自宅に帰るという約束の下、ツアーへと旅立つ。
ドンのレーベルの担当者は、黒人旅行者が宿泊先やレストランなどを見つけるためのガイドブック、「グリーンブック」をトニーに渡す。
旅の始まりに早速ドンとトニーは衝突し、ドンはトニーの粗野な性格や行動にうんざりし、彼の行動や言動を直すよう強く注意するが、トニーは「洗練された行動」をとるよう求められることに不快感を覚えるが、ツアーが進むにつれて、トニーはドンのピアノ演奏の才能に感銘を受けることに。
しかし、ステージから下りたドンへの彼の招待主と一般の人々から受ける差別的な扱いに、彼は改めて動揺する。

それでは、ここからネタバレを含みますので、知りたくない方はパスしてくださいね。

ツアー中にドンが入店したバーで彼が白人男性のグループにリンチされた際、トニーが彼を救い、ツアー期間中、ドンに1人で外出するなと叱る。
また、この期間中、ドンはトニーが妻に手紙を書くのをサポート。
トニーはドンの職業柄と名声によって兄弟と離別した彼に、離別した兄弟と連絡を取るように促すが、ドンは妻とも別れたと伝える。
南部ではドンがプールでゲイの白人男性と出会った所を警官に咎められたが、トニーはドンの逮捕を防ぐために警官に賄賂を渡してその場を収めるのだが、警官に「報いた」ことにドンは憤慨した。
その後、2人は日没後に黒人が外出していることを違法とされ警官に取り押さえられてしまう。
車から引きずり出されたトニーは、ドンを侮辱した警官を殴打し、共に逮捕される。
収監中、ドンは弁護士に電話したい旨を警官に伝え、外と接触することに成功するが、実は電話相手は当時の司法長官ロバート・ケネディで、自分たちを解放するよう警官に圧力をかけてもらうことに成功する。

アラバマ州バーミンガムでのツアーの最終公演の夜、ドンは招待されたカントリークラブの白人専用レストランへの入場を拒否されるが、「ここで食事を取る。それができないなら演奏はしない」と、言い放つ。
オーナーはトニーに100ドルを見せ、「ドンを説得してくれ」と頼むが、侮辱的なことを言ったので、トニーは殴りそうになるも、ドンの言葉で思いとどまる。
ドンはトニーに「君が演奏しろというのなら今夜演奏する」というが、トニーは「こんなクソな所はやめよう」とクラブを去る。
トニーはドンを黒人用ブラックブルースクラブ「オレンジバード」へ連れて行くが、ドンの高級な服装は他の客の疑惑と好奇の視線を集めるが、2人はそれを無視。
すると、ウエイトレスが「あなた、警官?」と訊くが、トニーは「そんなことあるか」と答え、ドンが世界一のピアニストだと伝える。
それに対してウエイトレスが「言葉より聴かせて」とステージのアップライトピアノを指す。
ドンはショパンの練習曲作品25-11を弾き、演奏が終わると客は拍手で絶賛し、店の箱バンドがステージに上がりブルースを奏で始めるとドンもアドリブでそれに合わせた。
トニーとドンはクリスマス・イブまでに家に帰ろうと家路を北に急ぐ途中、警官に止められるが、警官は彼らのタイヤのパンクを教えて助けようとしただけで嫌がらせをすることはなかった。
NYに戻った車を運転していたのはドンだった。
ドンはトニーを自宅前で降ろして自宅へ戻ると、執事が「お荷物を帰しましょうか?」と尋ねるので、「今日はもう家族の元へ帰りなさい」と促し、執事は微笑んで「メリークリスマス」を送る。
トニーの家ではトニーにどんなことがあったかを皆尋ね、1人が「あのニグロはどうだった?」と言うと、トニーは「その言い方はやめろ」と諭し、それを見たトニーの妻ドロレスは微笑む。
この旅で夫の黒人への偏見は減ったのだ。
旅立つ前に時計を預けた質屋の夫婦が「トニーの親戚に招待してもらった」と訪ねてきて一同は歓迎する。
ドアを閉めようとしたその時、そこにはシャンパンボトルを持ったドンがいた。
トニーは「ようこそ!」と、喜び2人は抱きあう。
トニーはダイニングにいる家族たちに「紹介する、ドクター・ドン・シャーリーだ」と紹介すると親戚一同は一瞬固まるも「彼の席を作れ!」と歓迎する。
そして、ドンとドロレスは紹介し、挨拶のハグをし、彼女はドンの耳元で「彼の手紙を書くお手伝いをしてくれてありがとう」とお礼し、ドンはやや驚き、お互いに見つめあって微笑み、再び抱きしめ合うのだった。

グリーンブックのキャストをご紹介!

グリーンブックに出演している俳優陣は、役作りも徹底していることで話題になりました。
では、どんなキャストになっているのか見ていきましょう。

トニー・“リップ”・ヴァレロンガ役( ヴィゴ・モーテンセン)

トニー・“リップ”・ヴァレロンガ
ナイトクラブ・コルトカバーナの用心棒のトニーは、無教養でガサツな反面機転が利く。
ドン・シャーリーの付き人役として、彼のコンサートツアーに同行することになるイタリア系アメリカ人。
イタリア系アメリカ人の役ですが、実際の彼の血筋はデンマーク人の父親とアメリカ人の母親からなるので、イタリアとは全く関係ありません。

ドクター・ドナルド・シャーリー役(マハーシャラ・アリ)

ドクター・ドナルド・シャーリー
孤高の黒人天才ピアニストのドンは、差別意識の強いディープサウスツアーにチャレンジすることに。
その際にイタリア系アメリカ人のトニーをドライバーとして雇い、共に8週間のコンサートツアーの旅に出る。
最近、マハーシャラ・アリは映画界で最もアツい俳優の1人として注目されていると言っても過言ではないでしょう。
2017年には「ムーンライト」でアカデミー賞助演男優賞を受賞したのは記憶に新しい所ですし、この「グリーンブック」でも2度目のアカデミー賞助演男優賞を受賞しています。
しかも、彼はニューヨーク大学で博士課程を修得している秀才でもあります。

ドロレス・ヴァレロンガ役(リンダ・カーデリーニ)

ドロレス・ヴァレロンガ
トニーの愛妻で、トニーと二人の息子を育てている。
気性の荒いトニーも、彼女にだけは頭が上がらない。
リンダはアイルランド系とイタリア系のミックスです。
テレビや映画に多数出演しており、代表的な所で言うと、人気ドラマ「ER救命救急室」、そして、映画だと「キューティー・ブロンド」や「スクービー・ドゥ―」シリーズ、それに、「アベンジャーズ」などの大ヒット作品に数々出ている注目の女優です。

グリーンブックを無料動画サイトで見ることはできる?

グリーンブックアカデミー賞受賞作品としても有名な作品ですし、無料で動画がアップされているはずだと考える方も多いでしょう。
では、それができるのか見ていきましょう。

2020年1月現在、YouTubeの場合、ググリーンブックのフル動画はアップされていません。
また、YouTube以外にもdailymotionやPandoraなどでも、無料でグリーンブックが視聴できるかもしれないと、これらのサイトのユーザーは考えたり検索されたりした方もいるでしょう。
たとえグリーンブックのフル動画がアップされていても視聴自体はその時点で可能かもしれませんが、これは近日中に削除される可能性が高いのです。
たとえこういった媒体にグリーンブックのフル動画がアップされていても、視聴することは決しておすすめしません。
その理由は、こういったフル動画は違法動画となるからです。

許可なくフル動画をアップしているので、そういった動画を視聴するというのも間接的な違法行為となります。
動画を視聴する上でもマナーがありますし、モラルに反することはやめましょう。
また、こういった動画にはウイルスに感染する恐れもあり、個人情報が漏洩する可能性も高くなりますので、視聴者側のリスクが大きすぎます(何度も視聴したことがあるのであれば、そのリスクはかなり高まります)。
ですので、絶対にこういった動画配信サイトでの視聴はやめてください。
ちなみに、YouTubeでは有料で映画がレンタル、もしくは購入できることがあるのですが、グリーンブックの場合、購入のみが可能となっていて、料金は$14.99です。
YouTubeでお金を払ってグリーンブックを視聴することも可能ですが、購入のみで、ちょっとお値段が張るのでこれは厳しいなと思う方も多いでしょう。
しかし、ご安心ください、動画配信サービスで視聴することもでき、もっとお得な料金になっているので、次項ではどのサービスでグリーンブックが視聴できるかご紹介していきますね。

グリーンブックの動画はどの動画配信サービスで見られるの?

グリーンブックは、YouTubeを利用して有料で視聴することも可能ですが、実は、動画配信サービスでもお得に視聴することができるので、グリーンブックが視聴できる動画配信サービスをご紹介していきたいと思います。

動画配信サービス名月額料金レンタル料金
U-NEXT1,990円550円(字幕・吹き替え版)
Amazonプライム500円399円~(字幕・吹き替え版)
TSUTAYATV933円~200円(字幕・吹き替え版)
music.jp550円~440円(字幕・吹き替え版)
ビデオマーケット980円440円(字幕・吹き替え版)
dTV500円300円~(字幕・吹き替え版)
hulu933円x
楽天TV302円~440円~(字幕のみ)
FODプレミアム888円500円

※上記は2020年1月現在の配信状況となっていますので、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

アカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞した作品とあって、グリーンブックの動画を配信しているサービスは多いです。
さて、その中でも魅力的な動画配信サービスはというと、断然U-NEXTです。
それではU-NEXTの特徴を見ていただきましょう。

U-NEXTの特徴
月額料金1,990円(税別)
収録作品数15万本以上
ポイント毎月1,200ポイント付与(初回600ポイント付与)
無料トライアル期間31日間
視聴可能なもの映画、ドラマ、バラエティ、音楽、マンガなど
ダウンロードの可否可能
1アカウントの登録数1アカウントに対して4つのディバイスで登録が可能

というのも、新規登録であれば、U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間がついてきて、さらには600ポイントもプレゼントされるからです。
他の動画配信サービスにも無料トライアル期間やポイントがついてくるものもありますが、ポイントはもちろんのこと、無料トライアル期間も長いU-NEXTは断然おすすめなのです。
グリーンブック自体は見放題作品には含まれていないので、これを視聴する際には、お金がかかってしまうと心配になりますよね。
しかし、U-NEXTは、新規登録するだけで600ポイントがもらえますから、それを使って完全無料でグリーンブックを視聴することができるのです。
そうすると、50ポイント余ってしまいますよね。
ですが、余ったポイントは、何も映画だけではなく、U-NEXTにはマンガや雑誌、小説など、様々なコンテンツがあるので、それに利用することもできるので、お得にその他の有料コンテンツも楽しめるというわけなのです。

もちろん、見放題に含まれているコンテンツは既に会員の方と同じように視聴することができますからそれだけでもお得ですし、余ったポイントをそのままにして1ヶ月以内に解約しても損することはありませんよ!

ただし、注意点として、31日間ある無料トライアルは、まだ日数が残っていても、解約手続きをした時点で利用できなくなってしまいます。
そのため、最初からU-NEXTを継続して利用するつもりはないという方は、31日間ギリギリ利用してから解約手続きすることをおすすめします(期限は新規登録した際に届くメールに記載されていますのでご確認ください)。

U-NEXTが気になったという方は、早速「U-NEXT」から新規登録をしてグリーンブックを視聴してくださいね。

グリーンブックはU-NEXTで視聴するのがお得!

グリーンブックは、U-NEXTに新規登録するともらえる600ポイントを使えば実質無料で視聴可能で、31日以内に解約すれば月額料金もかからず、実質無料でグリーンブックが視聴できます。
もちろん、既に登録されている方は毎月もらえる1,200ポイントからこの作品を視聴いただけます。
早速気になるグリーンブックが視聴したいという方は、「U-NEXT」から新規登録して、グリーンブックを「購入」&視聴してくださいね。

お得な映画見放題は「U-NEXT」
U-NEXT

配信数16万本以上はVODトップクラス!!31日間無料!いつでも解約できます。
最新映画 / 名作映画 / 大ヒット映画 / 話題映画 / 映画公開関連なんでも揃ってるのはU-NEXTだけ!

簡単2ステップ

まずは見てみる ≫

いつでも解約可能
こちらも人気☆